初セックス失敗の心因性EDを自分で治すには治療薬や精力剤が有効!

初めてのセックスで失敗してEDに

心因性ED 自分で治す

心因性ED 自分で治す27歳男性です。私は3年前からEDの悩みを抱えています。24歳のときに出会い系サイトで知り合った女性とセックスをするために初めてラブホに行ったのですが、うまくいきませんでした。いざSEXをしようとすると、フェラでは勃起するのですがコンドームを付けると萎えてしまうのです。

初めてのSEXを失敗したことでひどく落ち込みました。「この若さでEDか!?」とかなりショックを受けたのですが、すぐにED専門のクリニックへいき、バイアグラを処方してもらうことで、その後は無事にSEXができるようになりました。

ですが、今でも薬がないと満足に勃起しないのです。バイアグラに頼るだけではEDは改善しないのかと思うとこの先が不安であり、悩んでいます。

心因性EDを自分で治す方法

心因性ED 自分で治す
 
EDというと深刻で重いイメージもあり、不安に思うかもしれません

EDの治療は男として情けなく病院へ行くのも気恥ずかしいと思っている方も多いです。できれば誰にも相談せずに自分の力で解消したいし、薬を使うなんて絶対ごめんだ!と思っている男性も多いですね。

年齢が上がっていっても症状に合わせた対処をすることでEDは改善されます。30代以降の男性も「もう年だから」と諦める必要もないのです。しかしそのためには自身の原因を知り、治療法を理解し、それに合った対処法を積み上げていくことが必要です。

ED治療薬を使う

心因性ED 自分で治す

この相談者のようにPDE5阻害薬、つまりED治療の服用が心因性EDには有効です。

ED治療薬は勃起のメカニズムをサポートするので、心に何らかの原因があって勃起力が弱い、勃起が持続しない場合でも、性的刺激反応があれば勃起できます。

それによる行為が数回うまくいくと自信がついてきて、次第に薬が必要なくなるED患者が多くいます。

精力剤で精神的・肉体的問題を少しずつ解消していく

心因性ED 自分で治す

勃起力については気持ちの問題に繫がるところが多く、20代に限った話ではなく、心が元気になることによって改善が充分に見込めるケースも多いです。

自分がEDだと思ったら、まずはじめにいつもの生活習慣について見直しましょう。主にチェックするところは以下の4つです。

●仕事や生活によるダルさ、疲れはひどくないか
●相手とのセックスに満足しているか
●仕事のストレスや悩みがないか
●家庭でのストレスや悩みがないか

精神的、身体的な疲れやダルさはEDの原因になりやすいです。当てはまる項目が多い方はストレスの原因をなくしていくだけでも改善されていくケースがあります。

また、このような原因で中折れや勃起不全が起こる場合は、精力剤(精力サプリメント)が効果を発揮します。

精力剤には滋養強壮に効くものが多く、体の内面から健康にしていき、精力倍増効果も見込めます。精力サプリメントは通販で購入しやすいこともあり、多くのユーザーから指示されています。




  

オナ禁でセックスの興奮を高める

心因性ED 自分で治す

オナ禁もED改善効果が見込める方法のひとつです。

一週間程度のオナ禁を実践すると精力が溜まり、EDが改善される可能性があります。

オナニーのやり過ぎは性的な興奮や精力が減退してしまい、セックスの際に興奮しない原因のひとつです。テストステロン(男性ホルモン)はある程度の期間我慢することで溜まっていくものなので、溜めることでセックスの際に興奮が高まり、うまくいく場合もあります。

そもそも加齢によってテストステロンの分泌量も少なくなり、少しの性的刺激では興奮しにくくなるものです。

さらに自分の好きなようにできるオナニーの刺激、特に女性の膣圧よりも強い刺激になれてしまうと 通常のセックスでは物足りなくなり、オナニーでしか勃起できないようになってしまうので注意しましょう。

オナニーは男性のストレス解消にも繋がっているので キツイと感じる方もいるかもしれませんが、悩みを克服するためだと思って、少しの間だけオナ禁をやってみるのもひとつの方法です。

パートナーにEDを理解してもらう

心因性ED 自分で治す

また、EDは生活の乱れやストレスが密接に関係しています。心と身体を整えて改善していくには適度な運動と充分な睡眠が不可欠です。そして何よりもパートナーとなる女性の理解が必要なのです。

デリケートな問題ですので話しづらいことがあるかもしれませんが 相手の女性にEDの悩みを相談し、改善へ協力してもらいましょう。

セックスは相手がいてはじめてできるものです。パートナーの理解が得られれば EDの改善は劇的に早まります。

20代の中折れの原因

心因性ED 自分で治す

20代で中折れに悩んでいる方は多くいます。そんな中折れの原因は多くの場合心理的なストレスやプレッシャー、トラウマなどの「心因性」によるものです。このような原因によって性的興奮がおこりづらくなり、勃起の維持が難しくなるのです。

ストレスと疲労

20代は毎日のハードワークによってストレスや疲労が影響していると考えられます。

単純な疲労だけではなく、会社での人間関係の悩みやストレスも大きな原因となります。

上司や同量とうまくいかないなどの精神的なストレスが大きくなると、性的な興奮は起こり辛くなります。

セックスの経験不足と緊張

20代は性行為の経験回数が少ない方も多く 不慣れなために不安や緊張が生じることも多いです。

最後までできるかな?経験のなさを馬鹿にされないかな?などと言った不安を抱える方は多いです。

このような不安が原因の場合、場数を踏んでいくことで 緊張や不安を克服できるケースもあります。

トラウマに囚われている

初体験で失敗し自信喪失、彼女に言われた一言で傷ついた、今まで満足に射精できたことがないなど、セックスにトラウマを抱えている方は、場数を踏むだけでは解決しないケースが多いです。

トラウマを抱えている方は、いざ性行為をするときに強い不安を感じます。

「勃起しないのではないか」「途中で萎えてしまうかもしれない」と言った不安を感じることを「予期不安」と言いますが、予期不安を感じると肉体面に影響し、中折れを引き起こします。

その失敗がトラウマを強くし、予期不安のスパイラルから抜けられなくなります。

20代の中折れ改善法

心因性ED 自分で治す

ストレスと疲労の解消

仕事でのストレスやたまった疲労を完全に回復させることは難しいですが、ストレスや疲労を溜め込まずに こまめに解消していくことが大切です。

睡眠をたっぷりとったり、趣味でストレスを解消する、適度なアルコールを取る、パートナーに悩みを相談するなど、自分なりに少しでもストレスや疲労を解消できることを試してみましょう。

ED治療薬を使いながらセックス体験を積む

勃起の補助にED治療薬を使用して性行為の経験を増やし、女性やセックスに対する不安や緊張を取り除くことで、それらに免疫が付いていきます。

心理療法(トラウマが強すぎる場合)

トラウマが原因となっている場合は単純な緊張とは違い、専門家による専門的な療法がおすすめです。

性行為の場数を踏んでも、トラウマが強すぎる場合は逆効果ですので、EDの原因が過去のトラウマの場合は心理療法の専門家に依頼をすることをおすすめします。

心療内科やカウンセラー、セラピストなどの専門家によるカウンセリングや心理療法を受け、根本からトラウマの解決を図っていきましょう。

ただし、心理療法の専門家の知識や技術はまちまちであり、カウンセリングだけでは解消は難しい場合もあります。催眠療法など本格的な心理療法を扱う専門家に依頼するのが確実です。

EDの衝撃波治療!中折れ以前に全く勃起しない場合に

心因性ED 自分で治す

20代で中折れどころかまったく勃起しない場合は、心因性よりも器質性EDの可能性が高いです。

器質性EDは動脈硬化などの血管障害が原因です。

20代で動脈硬化を発症することは少ないですが、食生活が日常的に乱れていたり、過度な飲酒をする、運動不足といった不摂生を積み重ねると、20代でも血管障害を引き起こし、それが元で勃起が困難になることがあります。

血管性EDは、血流改善治療が有効となります。

患部に衝撃波を当てて血流を改善する治療方法により、勃起機能の根本的な回復を目指します。
 

 
 




みなぎる男の自信

ED治療の イースト駅前クリニックは診察料が無料(保険証不要)で お薬代のみの負担ですから良心的で安心です。知識豊富な専門医が、持病や現状の体質などを問診・検討した上で薬を処方します。もちろん処方されるのは 国内正規品のED治療薬です。

持病によってはED治療薬を処方してもらえないケースもありますが「高い診察料を払って受診したのに損した」…などという結果にならないのが、初診料も再診料もかからないイースト駅前クリニックのうれしいところです。ED専門の医師が服薬のリスクを回避して安全に治療薬の効果を得るためのアドバイスもしてくれますので、安心してED治療が受けられます。はじめてのED治療は イースト駅前クリニックがおすすめです。

ED治療ならイースト駅前クリニックがおすすめ!偽物薬なし費用はお薬代のみ!国内正規品処方で安全なED治療
イースト駅前クリニックはED専門の医師のもとED治療薬が最短8分で処方されます。治療薬は国内正規品を取り扱い安心安全なED治療を受けられます。初診料再診料が無料でかかる費用はお薬代のみ。土日祝日の診察やお薬1錠からの処方にも対応しています。
ED (勃起不全)EDの特徴と原因EDの改善イースト駅前クリニック

国内で承認されているED治療薬…バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較
知名度と安心感で選ぶならバイアグラ、早さと強さならレビトラ、長時間の効果と自由度ならシアリスがおすすめです。※ただしED治療薬の効果には個人差があります。

 バイアグラ
バイアグラジェネリック
バイアグラODフィルム
レビトラ
シアリス
特徴●1999年日本で承認
●世界で初めて認可されたED治療薬であり、その知名度は抜群
●食事の影響を受けやすい
●バイアグラの次に2004年に日本で承認。
●食事の影響を受けやすいと言われているバイアグラの弱点をある程度克服したED治療薬
●即効性が特徴(水に溶けやすい)
●2007年に日本で承認
●シェアが42%・世界市場1位
●持続時間が長い
バイアグラ:5時間程度
レビトラ:最大10時間
シアリス:最大36時間
用量25mg/50mg5mg/10mg/20mg5mg/10mg/20mg
成分シルデナフィルクエン酸塩塩酸バルデナフィル水和物タダラフィル
効果
PDE-5(酵素)の働きを阻害することで男性器の正常な勃起をサポート
●精力剤のような効果や媚薬のような効果はない 
●性的な刺激や興奮なしに勃起しない
効果が出る
時間
服用後30分~1時間後服用後30分ほど
(個人差あり)
服用後1時間ほど
ピークを迎える時間服用から1時間ほどあと服用から45分ほどあと服用から1~4時間あと
※3時間程度あればほとんどの場合でピークを迎える
効果の持続時間5時間程度
※25mgも50mgも同等
5~10時間程度24~36時間程度
飲み方
1日1回、水で服用。24時間以上間隔を空ける
同日に2回以上服用してはいけない
24時間経過していれば、前に飲んだシアリスの持続時間中であっても別のED治療薬を服用することができる。
食事の影響食事の影響を受ける
食事内容により影響を受ける。効果の発現時間が遅れることがある
※「標準的な食事」かつ「総エネルギーの脂肪の割合が30%以下」であれば食事の影響を受けないとされている
食事の影響は認められない
※800kcal未満の食事であれば影響を受けないと言われている
食前に服用するのが理想的
アルコールの影響
適度なアルコール量での影響は認められない
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされている。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険あり。
副作用現れやすい現れやすいあまり現れない
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用として報告されている。頭痛、めまい、ほてりといった軽度の症状のみが現れやすいと報告されている。
その他の注意点服用後の食事は1時間程度空けるグレープフルーツに注意用法用量を勝手に変えない
バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われているため、服用後すぐに食事をするとうまく効果が発揮できないこともある。服用後食事をする場合、1時間程度時間を空けましょう。グレープフルーツの成分にレビトラの吸収率を高める効果あり。これにより、予期せぬ副作用が発生する場合がある。シアリスは効果がゆるやかであるため、効果を不安に思い一度に2錠飲むなどするケースがある。こうした行為は危険であるため、自己判断で用法用量を変えないようにしましょう。
併用禁忌
あり
塩酸アミオダロン製剤、硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬硝酸剤、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
選ぶ基準バイアグラ・レビトラ・シアリスはいずれも勃起促進・勃起維持といった効果は共通です。また、想定される副作用の症状にもそれほど大きな違いはありません。大きく異なっているのは「持続時間」と「食事の影響」です。

レビトラとシアリスはバイアグラよりも持続時間が長く 食事の影響を受けにくいなど使い勝手はいいですが、価格はバイアグラよりも割高です。現在、レビトラとシアリスには国内承認ジェネリックがありませんので、コスト面が少しネックになります。

経済性をいちばんに考える方はバイアグラジェネリック、持続時間や服用の制約の少なさを優先するなら レビトラかシアリスが向いています。

※記事内容は執筆時点(2019年)の情報です。サービスご利用時に最新情報をクリニックまたは医師からご確認ください。

リカバリー