【プリリジーの効果】早漏治療薬で射精までの時間が2~3倍に延びる

プリリジー 効果

一般的に早漏と診断される条件は、膣内に挿入後毎回60秒以内に射精に至り、かつその状況が約半年以上継続していることとされます。

自分は早漏であると考える男性は多いですが、まれに興奮度が高い時に早く射精してしまうくらいでは、医学的に早漏の症状には当てはまりません。

本当の早漏の場合、勃起する前に射精に至ることもあり、男性本人もパートナーの女性も性生活を楽しむことができません。

その上、男性が射精までの時間を長くもたせたいと考えるほど、そのプレッシャーからますます射精がコントロールできない悪循環に陥ります。

早漏の症状に対しては、ヨーロッパの製薬会社により2009年に世界で初めて効果的な治療法が開発されました。それが、内服薬の「プリリジー」です。

世界的に広く認可されている治療薬ですが、日本ではまだ認可されておらず、一部のクリニックでのみ個人輸入により処方を受けることができます。

プリリジーの主成分はダボキセチンというもので、この成分は元々、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤として使用されていました。

服用すると射精しにくくなる作用が多く起こることがわかったため、改めて早漏の治療薬として開発されたのです。

プリリジーは、射精に至るまでの時間を2~3倍長くする効果が期待できます。

服用後30分ほどで効果が現れ、持続時間は約3~5時間で、性行為の1時間前の服用を推奨されています。

心不全や狭心症を患っている人の服用は禁忌とされますし、プリリジーの服用にはいくつかの注意点があるため、使用したい場合は必ず医師の診断を受けて処方してもらってください。
 
 

プリリジーの取り扱いがあるメンズクリニック