ED治療は保険適用されない!でも内容次第で保険適用される事もある

EDの相談と治療はどの診療科でもOK

ED治療 保険

現在はほとんどどの診療科でも診療してもらってED治療薬を処方してもらうことができます。

ED治療というと泌尿器科や泌尿器を専門としているクリニックを訪れる人が多いですが、かかりつけの内科などで伝え、ED治療薬を服用可能な健康状態であると判断された場合は処方可能です。

ED治療薬は保険適用外で自由診療であるため、価格を自由に決められることもあり、診療機関によって若干差はあるものの、多くの場合は1錠1,500円程度になります。

インターネットなどでも購入は可能ですが、模造品も多く有効成分が十分含まれていることの確証も得られませんから、少々値段が高くなっても医療機関で処方してもらった方が正規品であり安心です。

また、処方される治療薬は保険適用外であるため、会社にも知られることはありません。

EDの治療費は健康保険は適用される?

ED治療 保険

EDの診察とそれに伴う薬の処方はいずれも保険適用外となります。

多くの診察では問診を行い、その後にED治療薬が処方され、薬局で受け取るといった流れになります。

精神的なものが原因と思われるときは、簡単な問診と健康チェックのみで終えることもありますが、この受診時の診察費用や検査費用と処方される薬の費用はほとんどが全額自己負担です。

市販されているED治療薬を購入する場合も販売価格のまま購入することになります。日本ではED治療薬を一時的な改善薬として扱っていることもあり、保険適用対象外です。

もし費用が気になる場合は、事前に初診料や検査費用などの概算を診療してもらう医療機関に尋ねておけば安心です。
 

ED治療で保険が適用されるケースもある

ED治療 保険

以下のようなケースは保険が適用される場合があります。

  • 糖尿病や高血圧といった生活習慣病が原因である場合 ⇒原因である生活習慣病の治療から始めるため、その治療費は保険適用
  • 男性更年期障害が原因である場合 ⇒男性更年期障害の治療のアンドロゲン補充療法「ART」の注射剤のみ保険適用
  • 性機能障害 ⇒天性陰茎湾曲やペローニ病といった先天的または後天的性機能障害の場合や 事故によって神経や血管が損傷しEDになったとき

ただし、医師の診断次第では適用できないケースもあるため、診察段階で確認してみてください。

ED治療薬の値段は高い?

ED治療 保険

代表的なED治療薬であるバイアグラであれば、病院やクリニックで1錠につき1,500円から2,000円が相場です。

個人輸入にしても先発品(ジェネリックでないもの)の場合ほぼ同額です。

ED治療薬は保険適用外なので、1錠あたりの値段は決して安くはありません。

しかし、ドラッグストアなどで滋養強壮剤を購入した時とほぼ同じ価格であると考えれば妥当ですし、効果が高いことと即効性があることも踏まえるとリーズナブルであるといえます。

ED治療はEDクリニックがおすすめな理由

かかりつけの内科の場合も、ED治療薬を服用しても問題ない健康状態と診断されれば処方してもらえます。ただし院内処方できずに処方箋を書いてもらって院外調剤薬局に行く手間があることもあります。

また院内処方の場合は 国内承認の3種類のED治療薬も全種類の用量まで全て扱っているとは限らないので、どうしても院外処方にならざるを得なかったり、場合によっては他の医療機関の受診を勧められる場合もあります(…となると初診料や診察料などがダブルでかかることもあります)

持病を抱えていて薬を服用している方はかかりつけ医に相談するのがよいですが、そういったことがない方は 最初からED専門の医療機関を訪れるほうがトータルで考えると時間もコストも大幅に軽減されます。
 

EDの診察についてはたいていの場合、問診のみでED治療薬が処方されます。特にそのEDの原因が心因性と思われる場合は、簡単な診察と健康チェックのみであることが大半です。

健康チェックはED治療薬を服用して問題ないかを確かめるもので、薬歴や既往歴などを確認し、ニトログリセリンといった硝酸薬を使用していたり、重度の心臓病を抱えている人、重度の高血圧・低血圧の人などには処方できません。

診断の結果、問題がないと判断されればED治療薬が処方されます。

ちなみに処方のための診察や検査費用などは健康保険の適用対象外であるため、すべて自己負担です。

ED治療薬は、生活の質を向上させる「生活改善薬」であり、病気を根本的に治す薬ではないと厚生労働省が判断している理由から保険適用外となっているため、ED治療にかかる医療機関次第では、治療費に雲泥の差が出ます。

そういった手間やお金がかかるのが嫌でED治療薬を輸入代行業者から購入するなど簡単に入手する方もいます。

しかしそれは危険です。自己責任とはいえ 個人の判断だけで医薬品においそれと手を出すことはおすすめできません。

医薬品には併用禁忌薬があり飲み合わせに気をつけなければいけません。

持病がある方は悪化させる可能性もあるため、素人判断は禁物ですから、ED治療専門のクリニックの門をたたきましょう。

イースト駅前クリニックなら診察料は無料(保険証不要)で お薬代のみの負担ですので経済的です。知識豊富な専門医が、持病や現状の体質などを問診・検討した上で薬を処方します。もちろん処方されるのは 国内正規品のED治療薬です。

ED治療の イースト駅前クリニックは診察料が無料(保険証不要)で お薬代のみの負担ですから良心的で安心です。知識豊富な専門医が、持病や現状の体質などを問診・検討した上で薬を処方します。もちろん処方されるのは 国内正規品のED治療薬です。

持病によってはED治療薬を処方してもらえないケースもありますが「高い診察料を払って受診したのに損した」…などという結果にならないのが、初診料も再診料もかからないイースト駅前クリニックのうれしいところです。ED専門の医師が服薬のリスクを回避して安全に治療薬の効果を得るためのアドバイスもしてくれますので、安心してED治療が受けられます。はじめてのED治療は イースト駅前クリニックがおすすめです。

ED治療ならイースト駅前クリニックがおすすめ!偽物薬なし費用はお薬代のみ!国内正規品処方で安全なED治療
イースト駅前クリニックはED専門の医師のもとED治療薬が最短8分で処方されます。治療薬は国内正規品を取り扱い安心安全なED治療を受けられます。初診料再診料が無料でかかる費用はお薬代のみ。土日祝日の診察やお薬1錠からの処方にも対応しています。
ED治療薬

国内で承認されているED治療薬…バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較
知名度と安心感で選ぶならバイアグラ、早さと強さならレビトラ、長時間の効果と自由度ならシアリスがおすすめです。※ただしED治療薬の効果には個人差があります。

 バイアグラ
バイアグラジェネリック
バイアグラODフィルム
レビトラ
シアリス
特徴●1999年日本で承認
●世界で初めて認可されたED治療薬であり、その知名度は抜群
●食事の影響を受けやすい
●バイアグラの次に2004年に日本で承認。
●食事の影響を受けやすいと言われているバイアグラの弱点をある程度克服したED治療薬
●即効性が特徴(水に溶けやすい)
●2007年に日本で承認
●シェアが42%・世界市場1位
●持続時間が長い
バイアグラ:5時間程度
レビトラ:最大10時間
シアリス:最大36時間
用量25mg/50mg5mg/10mg/20mg5mg/10mg/20mg
成分シルデナフィルクエン酸塩塩酸バルデナフィル水和物タダラフィル
効果
PDE-5(酵素)の働きを阻害することで男性器の正常な勃起をサポート
●精力剤のような効果や媚薬のような効果はない 
●性的な刺激や興奮なしに勃起しない
効果が出る
時間
服用後30分~1時間後服用後30分ほど
(個人差あり)
服用後1時間ほど
ピークを迎える時間服用から1時間ほどあと服用から45分ほどあと服用から1~4時間あと
※3時間程度あればほとんどの場合でピークを迎える
効果の持続時間5時間程度
※25mgも50mgも同等
5~10時間程度24~36時間程度
飲み方
1日1回、水で服用。24時間以上間隔を空ける
同日に2回以上服用してはいけない
24時間経過していれば、前に飲んだシアリスの持続時間中であっても別のED治療薬を服用することができる。
食事の影響食事の影響を受ける
食事内容により影響を受ける。効果の発現時間が遅れることがある
※「標準的な食事」かつ「総エネルギーの脂肪の割合が30%以下」であれば食事の影響を受けないとされている
食事の影響は認められない
※800kcal未満の食事であれば影響を受けないと言われている
食前に服用するのが理想的
アルコールの影響
適度なアルコール量での影響は認められない
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされている。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険あり。
副作用現れやすい現れやすいあまり現れない
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用として報告されている。頭痛、めまい、ほてりといった軽度の症状のみが現れやすいと報告されている。
その他の注意点服用後の食事は1時間程度空けるグレープフルーツに注意用法用量を勝手に変えない
バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われているため、服用後すぐに食事をするとうまく効果が発揮できないこともある。服用後食事をする場合、1時間程度時間を空けましょう。グレープフルーツの成分にレビトラの吸収率を高める効果あり。これにより、予期せぬ副作用が発生する場合がある。シアリスは効果がゆるやかであるため、効果を不安に思い一度に2錠飲むなどするケースがある。こうした行為は危険であるため、自己判断で用法用量を変えないようにしましょう。
併用禁忌
あり
塩酸アミオダロン製剤、硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬硝酸剤、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
選ぶ基準バイアグラ・レビトラ・シアリスはいずれも勃起促進・勃起維持といった効果は共通です。また、想定される副作用の症状にもそれほど大きな違いはありません。大きく異なっているのは「持続時間」と「食事の影響」です。

レビトラとシアリスはバイアグラよりも持続時間が長く 食事の影響を受けにくいなど使い勝手はいいですが、価格はバイアグラよりも割高です。現在、レビトラとシアリスには国内承認ジェネリックがありませんので、コスト面が少しネックになります。

経済性をいちばんに考える方はバイアグラジェネリック、持続時間や服用の制約の少なさを優先するなら レビトラかシアリスが向いています。

※記事内容は執筆時点(2019年)の情報です。サービスご利用時に最新情報をクリニックまたは医師からご確認ください。

リカバリー