EDは離婚原因になる!セックスレスEDなら慰謝料はもらえる?

EDが原因のセックスレスで離婚が認められた判例がある

ED 離婚

最近はEDが原因となる離婚も増えています。

EDは女性には生理的に理解できない現象であり、その結果のセックスレスを愛情不足と捉えてしまうためです。

様々な要因によりEDは起こりますが、最悪のケースでは正当な離婚の理由として扱われることがあります。

EDを要因としたセックスレスな状態が離婚を招く要因になることは、特に子どもがほしい世代には、性的満足度よりも重要な問題となります。

配偶者に不貞な行為があったとき
配偶者から悪意で遺棄されたとき
配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

このように、法律的には民法770条1項に離婚が認められる5つの要因が記載されていますが、EDの場合は、「婚姻を継続しがたい重大な事由がある」ケースに該当し、過去に京都地裁が昭和62年5月12日に「夫婦の間のセックスレスが離婚原因になる」判例を出しています。

同判決は「婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、そこにおける性関係の重要性に鑑(かんが)みれば、病気や老齢などの理由から性関係を重視しない当事者間の合意があるような特段の事情のない限り、婚姻後長年にわたり性交渉のないことは、原則として、婚姻を継続し難い重大な事由にあたる

ただし、無条件に性行為がないことが離婚に繋がるわけでなく、性行為は夫婦にとって信頼関係を保っていくための大切な要素になることを示しているにすぎません。

ですから、もし離婚調停で妻側が夫に慰謝料を請求しても、EDが原因である場合は認められない可能性が高いと思われますが、まさにこのシーンに直面している方は、明確な回答は弁護士に尋ねてみてください。慰謝料に関してはその家庭の状況により ケースバイケースだと思われます。

EDが自分だけの問題だと思うのは大間違い

ED 離婚

EDはセックスレスの要因の1つになりうるため、注意が必要です。

EDになってしまう要因は色々ありますが、それが不妊や離婚に繋がったり、そこまでいかなくとも夫婦間の関係を悪化させたりするので 捨て置けない問題です。

EDの7~8割の原因が精神的なものですから、重篤ではない症状であれば、ED治療薬を使うことで 症状を改善する可能性も期待できます。

精神的なもの以外にも、高血圧や糖尿病といった器質性EDにもED治療薬は有効です。

夫の「何とかしたい」という気持ちと医療機関に相談することを決断できれば、こちらもEDの改善は難しくありません(ただしED治療薬は対症療法でしかありませんが)

EDを自分だけの問題と思って放置すると、離婚に繋がる恐れがありますから、夫婦でともに協力しあい、できることはやるだけやって乗り越える決意は大切です。

ED離婚の理由に妻の性的欲求不満が少なくない

ED 離婚

ED離婚の理由には「子どもがほしいから」「夫の愛情を感じられない」が多いですが、そのほかには口に出さなくても 妻側の性的な欲求不満も大いにあり得ます。

女性も当然性欲はあり、結婚している場合は旦那と性欲を満たすしかないので、その欲求が満たせなければ離婚を考えても不思議ではありません。

セックスレスに不満を感じるのは男女ともに同じなのです。

ED治療を行う浜松町第一クリニックのアンケート調査では、EDの彼氏や夫のいる女性の10人に1人が浮気や不倫経験があるという結果になっています。

また、EDが原因で別れたいと思った女性も17.4%の結果が出ており、浮気や不倫のみならず微妙で複雑な問題です。

夫婦間やカップルのコミュニケーションは性行為のみではありませんが、セックスレスというのは1つの愛情確認の手段の欠如ですから、関係性が悪化しやすくなってしまうのは仕方がありません。

EDでセックスレスなのに夫がそんな状況をまったく改善させようとする気がない場合は妻の欲求が満たされることがないため、離婚の理由になりることを男性側は肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

ED離婚は弁護士に相談するのが賢明

ED 離婚

今はEDの治療薬も治療法も複数普及していますし、妊活についても同様です。

何とかしたい!と思えばそれなりに改善できる方法に複数の選択肢があるいい時代ですから、夫婦関係が悪化する前にやれることはたくさんあるはずです。

例えば、赤ちゃんがほしいのにED不妊が原因でできないケースなら、ED治療以外にも、不妊治療や体外受精を選ぶという選択肢もあります。

愛情表現の形もセックスだけではありませんので、夫婦でよく話し合い、互いに協力し合う姿勢が大切です。

それでもEDから来るセックスレスなどが理由で離婚を選択する場合は、弁護士に相談したほうがいいでしょう。

セックスレスの原因が何であれ、過去の判例を見ても「EDが必ず離婚理由になる」と決まっているわけではありません。

どことなくグレーゾーンといいますか、少し微妙な感が否めないケースもありますから、離婚については やはり弁護士に相談するのが賢明だと思われます。