男性ホルモン(テストステロン)

射精障害

トノスの効果時間は?早漏と男性ホルモン低下に作用する軟膏の効果

トノスを亀頭周囲や亀頭冠に塗布した場合、麻痺効果が生じるため、射精までの時間を長くできる射精遅延効果を期待できます。ただし、尿道口に入らないよう、亀頭先端部は避けるようにしましょう。塗布する場所としては、陰嚢部が一番効果的です。
ED治療薬

精力剤とED治療薬の副作用の比較!精力剤の効果を高める5つの方法

精力剤には大きく分けて強壮剤・強精剤・ED治療薬の3つがあります。強壮剤には副作用はありませんが、含まれている成分による食物アレルギーに注意する必要があります。強精剤と勃起薬(ED治療薬)には副作用があり、購入には医師の処方が必要です。
男性ホルモン(テストステロン)

テストステロンを増やす方法で男性更年期症状を防ぎEDを改善できる

テストステロンはコレステロールが原料なのでコレステロールが不足すると減少に繋がります。またテストステロンが減少すると内臓脂肪がつきやすくなってしまいますが、ここで炭水化物ダイエットをするのは禁物です。炭水化物は糖質と食物繊維でできており…
ED (勃起不全)

グローミンの効果副作用使い方!塗る男性ホルモンでED改善できる?

グローミンはテストステロンを補充する塗り薬です。リスクの低い製剤で、テストステロン1%配合の低用量であり、少量であれば、正常な人が塗っても上限レベルを超えることはほぼなく、もし超えたとしても4~6時間レベルで戻るとされています。
ED (勃起不全)

男性ホルモン テストステロンが減少するとどうなる?EDと関係は?

血管を拡張させる働きがあるテストステロンが少なくなると血流が悪くなり、ED(勃起不全)も陰茎の血流が大きく関係するため、動脈硬化の影響を受けます。特に陰茎の動脈は、他の体内の動脈より細いため、EDの症状が現れやすいのです。