40代のEDには衝撃波治療がおすすめ!中折れは血管性EDが多い

40代になると、加齢や生活習慣病により、EDの症状を自覚する方がぐんと増えてきます。

その中でも中折れは、加齢によって男性ホルモンが減少したり、動脈硬化によって発生する血管障害が原因であることが多いです。

【中折れの原因1】テストステロン(男性ホルモン)の減少

40代 ed

男性機能に大きな影響を与えるテストステロンは、男性ホルモンの1つで、性欲や生殖器に大きく関係します。

テストステロンは20代に一番分泌量が多くなりますが次第に減少し、40代にはかなり低下し、性欲や勃起機能が減退する要因になります。

加齢の他にテストステロンの減少に繋がるものとして、過度なストレスもあります。

ストレスの低減は、日常生活を工夫することで取り組めるため、中折れ対策としても日常生活の質を上げるためにも取り組みましょう。

【対策1】十分な睡眠時間を確保

睡眠不足が続いた場合、テストステロンを減少させるコルチゾールというストレスホルモンが多く分泌されます。

コルチゾールを抑え、テストステロンの分泌を促すには、毎日8時間の睡眠時間が理想とされます。

40代は仕事に家庭と多忙な方が多いですが、中折れ防止や健康習慣を身に付けるには、毎日8時間寝るようにしましょう。

【対策2】運動する

よく運動はストレスを軽減すると言いますが、テストステロンの増加にも効果があります。

テストステロンの増加を望む場合は、上半身の小さな筋肉より、下半身の大腿四頭筋のような大きめの筋肉を鍛えた方が、効果が望めます。

下半身を使う筋力トレーニングや、運動を取り入れましょう。

例えば、スクワットや早めのウォーキングなどは、下半身の筋肉を鍛えるとともに、血流を促進し、勃起力回復の効果も期待できます。

【中折れの原因2】血管性ED~高血圧・動脈硬化

40代 ed

男性ホルモンの他に、血管の問題により中折れになってしまうことがあります。

勃起は、陰茎海綿体に充分に血液が流れないとできませんが、動脈硬化などで血管に問題があると、海綿体まで血液が十分に流れず、勃起状態を維持できなくなります。

40代以降のEDは多くの場合、この動脈硬化による血管障害で発症します。

動脈硬化自体は全身どの部位にも現れますが、特にペニスの陰茎海綿体の血管は非常に細く、影響を受けやすいのです。

【対策1】食生活の改善

動脈硬化は生活習慣病である、高脂血症や高血圧、糖尿病と深い関わりがあります。

基本的に低塩食で脂っこい食事ばかり摂らない、野菜と青魚を多く取る、お酒を適量にするなど食事内容を改善していくことで、生活習慣病と動脈硬化を予防できます。

【対策2】ED治療薬で勃起をサポートする

生活習慣の改善だけではなかなかEDの改善は難しいため、そこにバイアグラなどのED治療薬を補助的に利用すると効果的です。

生活習慣を改善してもすぐにはなかなか効果を実感しにくいため、その間、一時的なサポートとしてED治療薬を使用するのです。

利便性が良く即効性のあるバイアグラは、生活習慣が整っている方には特に効果を発揮しやすいです。

どっちかのみではなく、うまく併用して断念しないように工夫しましょう。

【対策3】衝撃波治療~EDの根本治療である血流改善治療をやってみる

血管障害が原因となってEDを発症している場合は、ED治療薬に加え血流改善治療も有効です。
 


 
血流改善治療は低出力衝撃波を陰茎とその周辺に照射することで、血管を再生させ、EDを改善する治療法です。

副作用の心配もなく、持病や併用禁忌薬でED治療薬を服用できない人も治療ができる、欧米では人気の高い治療法です。
 




みなぎる男の自信